用意するものから注意点まで!風俗の面接での準備と気をつけることを徹底解説!

この記事をシェアする

風俗の面接で採用されるための用意と注意点を徹底解説!

まずは写真つき身分証明書で年齢確認を!

風俗店の面接に必要なものは、写真つきの身分証明書です。
風俗店が18歳未満の女性を働かせると、違法行為として摘発されます。
そのため、どんな店も18歳未満の女性が年齢を偽って応募することを警戒して、女性の年齢を厳しくチェックしています。

吉原などのソープランドでは、念を入れて20歳未満の女性は断ることが多いようです。
運転免許証か、なければマイナンバーカード、または健康保険証と写真つきの身分証など、身分と年齢をきちんと確認できるものが必要になります。

運転免許証など、それ一枚で身元と年齢を証明できるものがない場合は、あらかじめ店の側に、運転免許証の代わりになる身分証明として何を用意すればいいのか、きちんと確認しましょう。

また風俗も立派なひとつの職業です。
過度な装いは必要はありませんが、清潔感ある服装で出向き、一般常識的なマナーを守った態度が必要になります。

プロフィールシートはその場で書きます

風俗店の面接では、あらかじめ履歴書を用意していくケースもありますが、多くの店ではその場でプロフィールシートを書くことになります。
その項目ですが、生年月日などの基本情報は、一般の履歴書とほぼ同じです。

ただ仕事の性質上、初体験の年齢、性感帯、好きなプレイ、好みの男性のタイプなどにも答えることになります。
採用された場合、この情報がそのまま店のホームページなどに掲載されます。

採用されようとして、苦手なことを無理に書いたりすると、あとで苦労することになるので、素直に書くのが一番でしょう。
また身体にタトゥーや傷跡、アザや妊娠線などはないかと問われることもあります。
嘘を書いて後に発覚すると不採用の理由になりますので、ここは素直に記しましょう。


Topへ
戻る▲