用意するものから注意点まで!風俗の面接での準備と気をつけることを徹底解説!

この記事をシェアする

風俗面接の具体的な内容とボディチェックについての注意点

面接本番で主に聞かれることと注意点

実際の面接では、プロフィールシートを元に面接官から質問されます。
やはり第一になるのは年齢をごまかしていないかの点です。
本当にごまかしていない限り気にすることはないでしょう。

次に店からシステムの説明があります。料金システムと手取りの金額、給料から引かれる項目など、正当な風俗店なら詳しく説明してもらえます。
わからないことがあれば、きちんと質問して確認しましょう。

あとは風俗店で働こうと思った動機と、これぐらいの金額が欲しいという目標なども聞かれます。
ここは仕事への熱意を確認する参考程度なので、素直に答えて大丈夫です。

重要なのが出勤シフトになります。
いくら稼ぎたいかという希望金額にも関わってきますし、店側は人気のある女性を優先してシフトを組んでいきます。
新人の頃は、可能な限り店側の希望に合わせることも必要になってきます。

ボディチェックについて注意すること

ソープランドなどでは、面接時にボディチェックを行う場合もあります。
裸になる場合もありますが、多くは下着姿になるだけでよく、店によっては女性スタッフが担当することもあります。

チェック項目は、スタイルの他、前述したタトゥーや傷跡などの有無です。
ここであらかじめ伝えていないタトゥーなどが見つかると、落とされる可能性が高くなります。
もし身体にタトゥーや傷などがある場合、応募する段階で、どこにどういうものがあるのか具体的に告げ、大丈夫か確認しておくほうがいいでしょう。

また下着も、あまりに不潔やだらしないものだと、人柄を判断されて、落とされる要因になることもあります。
勝負下着というほどではなくとも、清潔で印象のいいものを着用しておくほうがいいでしょう。


Topへ
戻る▲