用意するものから注意点まで!風俗の面接での準備と気をつけることを徹底解説!

この記事をシェアする

風俗の面接で注意すべき点と採用後の流れについて

面接後の講習ではどんなことをするの?

面接が済み、採用された場合、まずは技術講習を受けることになります。
講習は面接後すぐ受けることもできますし、後日にもできます。
ソープランドなどでは女性スタッフが講習を行う場合が多く、プレイだけでなく、会話の弾ませ方など、接客の技術も教えてもらえます。

また店の種類によっては、口頭やDVDなどの講習で済ませることもあり、採用後すぐ体験入店できる場合もあります。
もちろん体験入店でも給料はきちんと日払いで支払われます。

仕事の性質上、面接である程度、性的な質問をされる、ボディチェックがあるなどは仕方がありません。
風俗店もビジネスである以上、働く女性は基本的に尊重します。
しかし、万が一にも料金システムの説明があいまい、男性スタッフにボディタッチなどセクハラまがいの行為をされるなどの場合は、その店で働くのを考え直したほうがいいでしょう。

風俗店での面接で注意すべき点は?

デリヘルなど無店舗型風俗店の場合、様々な地域に出張することになるため、自分の生活圏内には派遣されたくないなどの希望は面接で明確に告げておきましょう。
また出張先にペットがいることもあるので、動物アレルギーがある場合も申告しておくべきです。

風俗店も接客業には変わりありません。
身なりが不潔、敬語が使えないなど、常識的なマナーがなっていない女性は、客に不快感を与えるとして不採用になります。
シフトの問題もあるので、時間にルーズなことも不採用の原因になります。

また風俗店にもコンセプトがあります。
容姿に問題はなくとも、店が求める女性のタイプと一致しなければ採用されないこともあります。
ですからひとつの店で不採用になっても特に落ちこむ必要はありません。
自分の容姿にマッチすると思える店を探すのがいいでしょう。


Topへ
戻る▲